RSS
 

【漆器】輪島塗とは

輪島塗とは

■ Japan=漆

陶器を英語で「チャイナ」 と呼ぶように、漆を英語では「ジャパン」と呼びます。つまり世界からみると漆は日本の代表的な工芸品なのです。日本の朱の漆器は、縄文時代前期には作られていたようです。日本最古の漆塗り製品といわれる櫛が、遺跡から出土しています。漆塗りされたものは非常に保存性が高く、いつまでもその価値をとどめておくことが出来る神聖なものだったのかも知れません。

Japanese lacquer is called "Japan" in English so that a china may be called "China" in English. That is, Japanese lacquer is a typical Japanese handicraft seen from the world. It seems that Japanese vermilion lacquer ware was made in the first half of the Jomon period. The comb called oldest lacquered products in Japan is excavating from ruins. That by which lacquered was carried out was very highly preservable, and possibly was a sacred thing which can stop the value forever.

■ 輪島塗とは・・・

輪島塗は今から約600年前に現在の和歌山県紀州根来寺から伝えられ輪島塗独特の工夫や改良が重なって今日の輪島塗が完成されました。

輪島塗は漆器の最高峰といわれます。
しかしながら、輪島塗という名前だけ御存知の方は、「値段が高い」という知識だけの方が大半を占めます。
その背景には本物の輪島塗は小さなお椀一つでも、一年くらいの期間をかけまして仕上げるという手間暇が加味されているからです。

総工程124工程からなり、塗りだけでも36回の塗りがあります。
塗りの後には乾燥・研ぎが必ず入り、湿気で乾燥するという珍しい乾燥方法です。

輪島塗の基本中の基本は「手塗り・手描き・手彫り」の三つになります。
大きく分けましても、塗りは「下地塗り」「中塗り」「上塗り」と三つに分かれ、中でも「下地塗り」は、輪島でしか取れない「地の粉(ぢのこ)」と呼ばれる珪藻土を、漆に混ぜ込み、土台の塗りである「下地塗り」を行っております。
純度の高い地の粉を使うのは、輪島だけの、漆を堅くして固めるための技法です。そして撥水効果もあるため、他産地では出来ない水研ぎができます。
その他に、木地の破損しやすい部分には、寒冷紗「かんれいしゃ」と呼ばれる、麻布「あさぬの」に漆を染み込ませかけやすい部分に補強効果として巻いて、上から漆を塗っていきます。
加飾でいいますと、「沈金(ちんきん)」と「蒔絵(まきえ)」の二つがあり、「沈金」は、ノミで無地の木地に絵を彫り、金を沈めるところから名前がついております。塗りの厚い輪島塗にしかできない加飾になります。
「蒔絵」は、細い筆で、漆で絵を描いて上から、金粉や色粉を蒔いて仕上げます。
オールハンドメイドにこだわり、便利になっていく世の中に逆行して一つのお品を仕上げております。手がける職人も、木地・塗り・加飾と大きく分けても三人以上になり、塗りだけで五人が、手がけることもあります。

一つのお品に、何人もの職人の思いが、塗りの回数と共に込められ、 三代使える輪島塗・堅牢優美(けんろうゆうび)な普段使いの美術品という、称え方を皆様より頂いております。
上記をまとめますと・・・

● 輪島塗の特徴

1、 輪島塗には、二つの特徴があり「布着せ(ぬのぎせ)」と、「地の粉(じのこ)」を下地漆に混ぜ込んでいる
2、 総工程124工程あり、塗りだけで36回
3、 木地から数えて小物でも仕上がりまでに約1年、大物になると二年かかる。
4、 輪島でしか採れない、粒子が細かい地の子(珪藻土)で下地を形成
5、 寒冷紗(麻布)を使い、かけやすい部分に漆を湿らせた布を着せる(布着せ)
6、 分業で専門のプロが行う(時間がかかるが一流のもの)オールハンドメイド
7、 沈金が出来る(塗りで36回)下地がしっかりしていて、塗りの層が厚いため彫っても木地が出ない。
8、 各工程担当者がプロの目で、一つ一つの作業ごとに検品を行っている
9、 自作自売なので修理・メンテナンス出来る
10、 人間国宝、日展作家を多数輩出
11、 他産地と比較して美術品として、そして堅牢である
12、 塗りなおしする事で新品以上に丈夫になる(下地がさらにしっかりしているため)
13、 海外での呼び名「JAPAN」

と、まとめることが出来ます。

● 木の種類-アテ(あすなろ)・ケヤキ・ホウの木等

アテ・・・お盆・重箱等の曲げ物に使う
ケヤキ・・椀・茶托・銘々皿等の堅い木地を使う
ホウの木・花台・卓などの猫脚等の曲がりをつくるのに使いやすい

■ 輪島塗と漆塗りの違い・・・

● 輪島塗

石川県輪島の地(輪島の職人の手により)、輪島地の粉(わじましのこ)を使い、布着せ本堅地(ぬのきせほんかたじ)を施して、手作業で塗り上げた塗り物のみにつけられる総称です。
布着せ本堅地は、輪島の先人が「丈夫さ」と、「美しい仕上がり」と、「修理のしやすさ」を求めて探り考え出された、輪島特有の素晴らしい技術です。

● 漆塗り

輪島塗とは別の工程で作られたお手軽価格の漆器です。
輪島塗の裏打ちされた技術を用い、「用途」や「仕上がり」を意図して石川県輪島の地で(輪島の職人の手により)塗り上げられた塗り物につけられる総称であり、その根本には、輪島塗を守り伝える「精神」があります。

流派輪島が選ばれる理由

【漆器】 輪島塗の強み

輪島塗の強み

輪島塗の特長は、美しさと同時に実用品としての堅牢さを持ち合わせていること。ぞれは長い年月をかけ、幾世代にもわたって伝統を受け継ぎながら創意工夫を重ね、技を磨くことによって進化してきました。例えば、下地の時に、珪藻土を焼いて砕いた粉末「輪島地の粉J を漆に混ぜて塗ったり、麻布を漆で張って強度を高める技法。沈金や蒔絵の技術。伝統を守るだけでは生まれることのなかった技術、それが輸島塗の伝統なのです。「暮らしの中で使う道具でありながら、ひとつの芸術でもある」という輪島塗ならではの価値がここにあります。

The feature of Wajima-nuri should have solidity as daily necessities with it simultaneously with beauty. It applied long years, it piled up originality and creativity, inheriting tradition over numbers of generations, and has evolved by polishing work. For example, technique which mixes with Japanese lacquer the powder "powder of the Wajima place" which burned and broke diatomite, and applies it at the time of a ground, or stretches Azabu with a lacquer, and raises intensity. Technology of chinkin or lacquer work. The technology and it which were not born only by keeping tradition are the tradition of Wajima-nuri. Here is the value unique to the Wajima-nuri "it is also one a though it is a tool used in a life

■ 輪島塗の強み・・・

 ・ 落としても割れにくい・美術的価値が高い
 ・ 修理が可能・世界が認めた漆器の呼び名「JAPAN」
 ・ 熱いものが冷めにくい・人間国宝や日展作家が多数輩出
 ・ 口当たりが優しい・完全手作業
 ・ 器が熱くなりにくい・木の温かみ
 ・ 中身を引き立てる・環境に優しいエコ商品
 ・ 自分独自の加飾ができる・部門わけ専門のプロが作業する

● 輪島塗と樹脂・木粉製品の違い

1、 重量感・・・輪島塗の場合、非常に薄い木地から塗り重ねていく為軽い。
2、 口当たり・・やわらかく、本当にいいものです。
3、 保温効果・・熱を通さない作用があり、口をつけてびっくりする事がある位、器も熱くなりません。
4、 光沢・・・テカテカせず、品のある光沢が見事にでています。樹脂・木粉類は明らかに光沢がテカテカとしています。
5、 修理・・・万が一割れても、すぐに再生できます。
6、 使えば使うほど、自分独自の色がでてくる。
7、 光沢が何年か使っていくうちに、消えるが漆黒の味わいがでてくる
8、 磨けばすぐに光沢が表れる
9、 代々残していける

● 料理によく使われる輪島塗の器

全ての料理の良し悪しは器によって決まると言っても過言ではありません。
産業を問わず様々な器とコラボレート出来、引き立たせる事もできます。
輪島塗の器は最高のおもてなしになり、品格・店格・価格の三拍子がそろう事で、一流のおもてなしができるのです。
そういうところから輪島塗の器が昔から愛用されているわけです。

● 日常の使用・お手入れ方法

1、 特別な注意は必要ないですが、洗剤も使えます。
2、 出来れば、洗った後にはからぶき(柔らかいガーゼや布で)
3、 水・お湯どちらでもOK
4、 直射日光を当て続けると漆が死に白くなるので避けてください
5、 乾燥も避けてください(日常使い続けるなら問題なし)

流派輪島が選ばれる理由

ページトップへ